Top
カテゴリ:はじめまして( 5 )
happy birthday to me.
c0126561_23343658.jpg

って、そんな英文アリなんでしょうか?
少なくともフランス語では近い表現は聞いたことなかったけど…。
なんとなく英文のタイトルにしてみました。

そうなんです、10月某日、めでたく39歳になったわけです。
めでたくもないけどこのトシじゃねとかいうありきたりはナシで
自分としては素直にめでたいじゃんこんなに生きてこられて!と
マジメに思っていたりします。

誕生日前日の夜中、つまり日付が変わって家人が帰ってきてから
ワインを飲んで酔っぱらってしみじみバカ話したりもして
フツウにハッピーな時間を過ごし、当日は義父母と家人が
お昼にケーキでお祝いをしてくれて、親友からはプレゼント、
昔の彼からも電話と現金書留が届いちゃったりして
我ながら『人生いろいろだ』とか思ったりするのにいい一日でした。
相当恵まれてんだからもっと能動的に!とか。
いや、結局思うだけでやんないんだけど…だって無理意味ないし!
…所詮こういう…みんなわかってるらしいし(笑)。

画像は、大好きなワインの銘柄のひとつ。
アルザスのリースリングです。
暮らさなきゃ永遠に出会うことはなかったんじゃないの?という
アルザスワイン。
ギブルツもミュスカも大好きで、私の血肉と骨(心)になったワインです。

もともとワインもフランス料理もまったく興味なかったし
渡仏してしばらくはシュークルートはおろかロックフォールも大嫌いだったなんて
すげー嘘のよう。

子供たちと、いつか懐かしいそのワイン街道をカポターブルでかっ飛ばし
ありふれたカフェのグラスワインでミュスカやギブルツを飲み
シュークルートを頬張れたら最高だ!なんていう幻想を抱いています。

もちろん、帰りにはパリのあちこちで散々シャンパーニュを。
散々フロマージュとキャビアとサンテミリオンを。
それらを饗してくれるギャルソンたちとの空気を何よりもまず。

マイヤーズラムだってギムレットだって愛しているけれど
(ギムレットに関しては文字通り人生変わったし)
最も肌身なのは、やっぱりワインなのだもの。

なーんて、所詮、私の人生はアルコールから、なんだなぁ(笑)。
[PR]
by michirumi | 2007-10-28 00:01 | はじめまして
アートな散策
c0126561_22293196.jpg


父と会った。
父とその友人たちが散策をするという小さなイベントに
飛び入り参加のようなカタチで。

翻訳といえど役職を拒む立場での会社員生活の傍らで
父はずっと美術に携わってきた。
携わってきたというよりは、ほとんどそこで生きていた、のだと
娘としてこのところやっと思えるようになった。心から。いい意味で。

絵画制作と美術評論という居場所を持っている父を私は羨ましく思う。
それは生半可な気持ちで手に入れられたスタンスではなかったかもしれないし
ただ好きだとかただやるしかなくて考える余裕などなかったとかにしても
とにかく様々な情だの思いだの苦労だのひっくるめて羨ましいということだ。

人はその人を生きるように出来ている、誰かを羨んだり誰かになろうとしても
意味がない、というようなことをどこかの作家が書いていた。

そんなこと、本当はみんなわかっている。
けれど、わかっていても何だか認めたくない日だってある。
暗い気持ちではなく明るく、『ちぇっ。いいよな』と思う日があるのも、いい。

人生はシャンパンだ、人にしてやれることなど何もない、
たったひとつあるとすればそれは自分がどれだけきらきら輝いているか
見せつけてやることだけだ、

村上龍の言葉がよぎる。大好きな言葉。

父の友人たちは、いつも父の匂いがする。
父を介して出会うのだから当然なのだが、美術を愛し居所として生きる人の
その娘の私には作品への愛はない。
そのものを愛することはなく、ただ、何かを創り続けるしかない生を生きる人を
懐かしく愛おしく思うだけだ。
あぁ、物心ついたときには既にこの匂いのなかにいたな、私は、という懐かしさと
どこか刹那的な時間を感じる人々の表情に安堵したりもする。

『あなたは絵が描きたいわけではないね。
描いている人々のまわりにいたいだけだ。
もっと言えば、ただ必死に何かをやっている人の側にいたいだけなのでは
ないのかな』

美大へ進学しようと予備校に通っていた私のデッサンを観て父が言った言葉を
よく思い出す。

私の日々に、作品は不要だ。
ただ時折こんな風に、その匂いに触れられればいい。

画廊でも美術館でもなかったけれど、
私にとってはこの時間がアート(生という実感)だな、
そんなことを思った散策だった。
[PR]
by michirumi | 2007-10-20 23:32 | はじめまして
酔っぱらってました
昨日のエントリふたっつ、ワインでいい気分に酔い
懐かしい曲をヘッドフォンでがんがん聞きながら
好きなよーに書いたものでした。

昔は毎晩のように、もっと酷く酔っぱらっては
感情をキーボードにぶつけていたものです…。
(ハッピィちゃん、ベビーと一緒に笑ってください)
そうそう、酔った勢いでメール出したりもしてたな、
そんでよく某バーテンダーさんに『慣れてます』とか
かわされてたよな…。

人間って変わらないのね〜 とアホに改めて思ったです。

そしてそんなエントリに限って妙にアクセスが多かったりする。
アップの時間帯とか他の要素もあるにせよ、
まぁそんなもんだろう、人生。
[PR]
by michirumi | 2007-10-09 13:26 | はじめまして
太陽はいくばくか
アジアの片隅の島国
あなたの母国で購入できる地図のいくつに
この国は載っているかしら

載っていたとして
あなたはすぐにこの国を指させるかどうか

一視聴者として
甚だ疑問です

だってどうでもいいでしょ
フランスにとって日本なんて


そういうものだと実感した三年間だったもの

わたしがフランスにいた時間って ね


いい意味でね
いろんな意味でね


わたし個人だけのこととかじゃなくてね



なのにね
そんなに遠い、どうでもいい国に来てまで
(っていうかいろいろあって呼ばれて仕方なく、にしてもね)

そんな辺鄙な場所に来てまで
(しかも一時の滞在で)


僕はマルセイユのブイヤベースを頼んだんだ
こんなのはブイヤベースじゃない

って

そう言って曲げないところって
笑えないほどふらんすじんですね


だってさ

んなこと言うなら

そんなにマルセイユのブイヤベースが食いたいんならさ


マルセイユで
マルセイユの真のブイヤベースを供せるシェフに頼めばいいじゃん


と思う私は日本人すぎる?


いや、違うと思う。
いや、それもあるんだろうけど

単に

頼み方に難あり!と言うだけの話では?
(それ含めて国民性?っていうか価値観なのかな)

違うかなぁ。

っていうか

じゃあマルセイユ行けばいいじゃんか

ってだけの話だろ?

ジャン・レノを見習え。



そして、ね。

どうせ古くさいフランス気質ばりばりで嫌味!なら
もっと美しく圧倒的なセクシーさで
スプーンをなめて欲しかったわ

どうせなら、もっともっと小馬鹿にしたような目で
でも実は無邪気な感じを嘘くさく纏って

『こんなブイヤベースがあるんだね!』

とバカみたいに色気がある顔で笑ってくれても
良かったんじゃないかしら。

アナタの古くさいフランス人気質、
十数年前にフランスで暮らした私には
至極懐かしくて笑えたけどね。


本当にいい男って、もっともっと
永遠な太陽のようなのではないのかしら。


アラン・ドロン、ってひと、太陽がいっぱい、な感じしなかったけどな。
[PR]
by michirumi | 2007-10-09 01:58 | はじめまして
はじめまして。
ミチルといいます。
東京都在住、1960年代後半生まれ、二児の母です。
息子は2005年8月生まれ、娘は2007年6月生まれです。
家人はふたつ年下、2007年1月より家人の両親(義父母)と同居しています。

Macは2007年1月から。
Photoshop、Illustratorは以前は仕事で少々、今は完全に趣味だけで。
FlashとJavaScriptはスローペースで勉強中です。これも趣味…。

育児はゆるゆるとマイペースで。
家事も頑張りすぎず自分に素直に、でも自分をあまり甘やかさずに。

流産経験や離婚歴、在仏経験など時々出てくるかもしれませんが
まぁそれも含めてさして珍しくもない日常の記録です。
[PR]
by michirumi | 2007-09-10 22:33 | はじめまして



Mobileme使ってるしWordPressも別に管理してるんですが。
by michirumi
カテゴリ
こどもたち
かぞく
料理のいっぽ
Mac
Photoshop
illustrator
はじめまして
携帯から
etc
以前の記事
2009年 02月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 07月
お気に入りブログ
flower and w...
エコ猫な人々
あっこのおれおれ主義
カラメル堂
about ・ぶん
ありがとうございました。
母ちゃんちのご飯
liliaの 瞬間湯沸かし記
Links
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧