Top
<   2007年 10月 ( 17 )   > この月の画像一覧
酔っぱらってました
昨日のエントリふたっつ、ワインでいい気分に酔い
懐かしい曲をヘッドフォンでがんがん聞きながら
好きなよーに書いたものでした。

昔は毎晩のように、もっと酷く酔っぱらっては
感情をキーボードにぶつけていたものです…。
(ハッピィちゃん、ベビーと一緒に笑ってください)
そうそう、酔った勢いでメール出したりもしてたな、
そんでよく某バーテンダーさんに『慣れてます』とか
かわされてたよな…。

人間って変わらないのね〜 とアホに改めて思ったです。

そしてそんなエントリに限って妙にアクセスが多かったりする。
アップの時間帯とか他の要素もあるにせよ、
まぁそんなもんだろう、人生。
[PR]
by michirumi | 2007-10-09 13:26 | はじめまして
うれしい
『気をつけているつもりなんだけど
がががっと慌ただしくひっつめて朝ごはん!の日も多いし
休日も優雅にアップできることは少ないんだけど
私の中では今しばらくちゃんとロングヘアでいたいのね。
なかなかお手入れ行き届かないけど、いざっていうときとか
あなたの仕事関係のパーティとかばしっと結ったアップで
って思ってるんだけど、どうかな。
そんな晴れの日のことよりも毎日何もせずとも適度にまとまってるような
そういうヘアスタイルのほうがあなたは好き?』

『俺が何言ったって所詮はきかないくせに(笑)』

聞くから聞いているというのにこのボケは。

『着物のときとか、やっぱりいいよね、長い髪あげてるの。
俺は、なにかのときにそういうの、そういうほうが嬉しいな』

その言葉に嬉しさを感じる自分が、私は一番うれしいのかもね。


だいたい、今を逃したらせっかく肩胛骨隠れるまで伸ばした髪、
腰までいかせられないし。
[PR]
by michirumi | 2007-10-09 02:35 | かぞく
太陽はいくばくか
アジアの片隅の島国
あなたの母国で購入できる地図のいくつに
この国は載っているかしら

載っていたとして
あなたはすぐにこの国を指させるかどうか

一視聴者として
甚だ疑問です

だってどうでもいいでしょ
フランスにとって日本なんて


そういうものだと実感した三年間だったもの

わたしがフランスにいた時間って ね


いい意味でね
いろんな意味でね


わたし個人だけのこととかじゃなくてね



なのにね
そんなに遠い、どうでもいい国に来てまで
(っていうかいろいろあって呼ばれて仕方なく、にしてもね)

そんな辺鄙な場所に来てまで
(しかも一時の滞在で)


僕はマルセイユのブイヤベースを頼んだんだ
こんなのはブイヤベースじゃない

って

そう言って曲げないところって
笑えないほどふらんすじんですね


だってさ

んなこと言うなら

そんなにマルセイユのブイヤベースが食いたいんならさ


マルセイユで
マルセイユの真のブイヤベースを供せるシェフに頼めばいいじゃん


と思う私は日本人すぎる?


いや、違うと思う。
いや、それもあるんだろうけど

単に

頼み方に難あり!と言うだけの話では?
(それ含めて国民性?っていうか価値観なのかな)

違うかなぁ。

っていうか

じゃあマルセイユ行けばいいじゃんか

ってだけの話だろ?

ジャン・レノを見習え。



そして、ね。

どうせ古くさいフランス気質ばりばりで嫌味!なら
もっと美しく圧倒的なセクシーさで
スプーンをなめて欲しかったわ

どうせなら、もっともっと小馬鹿にしたような目で
でも実は無邪気な感じを嘘くさく纏って

『こんなブイヤベースがあるんだね!』

とバカみたいに色気がある顔で笑ってくれても
良かったんじゃないかしら。

アナタの古くさいフランス人気質、
十数年前にフランスで暮らした私には
至極懐かしくて笑えたけどね。


本当にいい男って、もっともっと
永遠な太陽のようなのではないのかしら。


アラン・ドロン、ってひと、太陽がいっぱい、な感じしなかったけどな。
[PR]
by michirumi | 2007-10-09 01:58 | はじめまして
ささがき好き
c0126561_13104720.jpg

この頃、ゴボウと乾物にハマっています。
ゴボウって、ささがきがすごーく苦手だし大きめに切ると
味の染み加減とか難しくてあまり使わなかったのですが
ピーラーを使うと丁度私好みの大きさ薄さになることを発見。

乾物も、にんにくをきかせたりバジルオイルを使ったりすると
独特のくさみというか癖みたいなものがいい感じになると知り
数日に一度、ゴボウのささがきを作ってお総菜をいくつか作り置き
しています。

私は元来、料理が大大大好き!ではないのですが、料理をしていると
心がしっかりしてくるのです。
焦らず慌てず丁寧に、を心がけ野菜を切ったり薬味を刻んだりしていると
心が静かにまとまってくる。
掃除でも洗濯でも家事は仕事だから、多かれ少なかれ同様なのですが
料理が一番顕著に『あぁ、多くのことをもっときちんと丁寧にやりたい』
という風に引っ張ってくれる。

他の方にとっては、それが育児サークルであったりジョギングだったり
するのかな。

画像は以下の通りです。

奥:切り干し大根とゴボウとベーコンのサラダ
(オリーブオイルとマヨネーズ、塩で炒めて冷ましたもの)
左:きんぴらごぼう
右:切り干し大根と刻み昆布の柚子胡椒炒め
(切り干し大根・刻み昆布・ゴボウ・ニンジンを、オリーブオイルで炒め
にんにくペーストと塩、酒少々、コンソメキューブで味付けし、仕上げに
柚子胡椒をきかせました)

『切り干し大根と刻み昆布の柚子胡椒炒め』は、豚肉を細切りにして
カリカリに炒めたものと一緒にご飯に混ぜたりピザ用チーズと一緒に
パンの上にのせてトーストにしたり、にんにくとオリーブオイルを
さらに追加してパスタに絡めたりと大重宝!
こういう作り置きって本当に助かるものなんですね。
2歳児と3ヶ月ベビーとの毎日は、『今しか食事できないかも?』というのが
日常なので。

日々参考にさせていただいているサイトはこちらです。

『きょうのごはんなに?』
yunaさん、ふたりの男の子と忙しいご主人、そしてフルタイム勤務!!
料理すること、食べること、そして家族を思う心、そんなお皿の数々に
毎日感心と溜め息です。

『母ちゃんちの晩御飯とどたばた日記』
レシピ本も出版され、大人気のブログですね。
お子さんたちとのやりとりも、料理たちの彩りになっている気がします。


ささがきの次は、何にハマるのかな(笑)。

あ、そうそう、私が使っているピーラーはこちら↓
《OXO トマトもむけるピーラー》
熟した桃もきれいにむけて便利です♪
[PR]
by michirumi | 2007-10-05 15:02 | 料理のいっぽ
理想と現実
先日のこと。

甥っ子(中学二年生)、姪っ子(小学二年生)、
息子(二歳)、娘(三ヶ月)、
義父母、義姉、家人、私で夕食を食べた後のこと。

広くない和室のテレビの前で、姪っ子と甥っ子がふざけ、
息子がそこに参加して大はしゃぎし、娘も義母に抱かれて笑っていた、
そのけたたましくも和やかな一瞬にふっと強烈に思った。

あぁ、きっと子供たちは四人がベストだ

と。

もちろん、私は体力的にも年齢としても今からあと二人!
と豪語と決断(叶うかは別として)するのは相当難しいし
裕福で満足な日々はとてもじゃないが提供できないけど
下町風情あふれるこの暮らしならば、ちょっと歪な母でもつましくてもいいや
と思ってくれる命があったなら、正直妊娠しちゃったもん勝ち!
ではないかと思う今日この頃。

そりゃ生活費とかね、教育費とか考えるからこそ
『来春からはフルタイムで働こうかな〜』と思っていたし
まぁそう出来たらいいのかな?という思いは今もあるけど
娘のアレルギーも心配だし。

という状況で、経済的にはフツウにシビアなんだけど、でもねぇ、
そういうのつきつめすぎてたら二人目だって望んでなかったっていうかね、
二人目の娘が産まれてくれて実感したんだよね、

子供は多ければ多いほど母親業は楽に楽しく面白くなる!

って。

しつこいけれど、流産とかこれまでの人生とかまぁ人並みにそこそこあったんで
正直息子を授かれただけで御の字!だった。
でも、自分が三人兄弟で兄弟がいないっていうのはピンと来なくて。
だから、だめもとでやっぱり弟か妹を、その努力だけでもしてみたい、
と思った。

三人兄弟は到底無理だろうけどせめて二人目を、っていう感じで。

で、娘がやってきてくれて。

娘が来てくれたからこそこんなこと思えてるんだけどね、
でもね、なんかきっと子供が四人いるっていうのが
私にとっての家族なベストなバランスなんじゃ?
妊娠そのもの出産そのもの、そして育児に対して
四人体験できたら納得なんだろうな私はきっと、
って、この前みんなで過ごしているときに強烈に思ってねぇ。

甥っ子姪っ子息子娘、って、賑やかとっくに通り越してうるさいったらないし
義父も半ばウンザリ気味に『しずかにしろよ!』とか言ってるんだけど
その言い方もなんかちょっと幸せチックだし、あまりに騒々しくて
逆に癒やされるというか面白すぎてすごく楽しくてさぁ。

『よし、今度はうっかり妊娠!しかも双子で…ってことになればいいんだね!』
と私が笑って言うと、家人は

『ミチルが言うとホントになりそうだからやめよう…』

と真顔でひきつっていました。

いやぁ、双子ちゃん来ないかな(笑)。

いいではないの、現実は二人だけど理想は四人だったよね、って
笑って話せるときが楽しみなんだしさ。
[PR]
by michirumi | 2007-10-05 01:03 | かぞく
木のぬくもり
c0126561_0445251.jpg

しばらく前、母が木の積み木を送ってくれました。
弟たちがいっぱい遊んだ、やさしい木の積み木たちです。

送ってもらってすぐの頃はまだ集中して遊べなかったのですが
この頃、黙々といろいろな遊びを楽しんでいるようです。

スティック状のものをバチに見立てて『たいこ!たいこ!』と
にこにこテーブルをとんかんしたかと思えば、今度はうどんにして
『ちゅるちゅる、ちゅるちゅる。はい、どうじょ』と私にもくれたり。

こどものイメージ喚起力ってほんとうにすごいなぁ。

シンプルでぬくもりのある木の積み木だから余計、
もしかしたら想像力をかきたてるのもあるかもしれませんね。
今買っても結構なお値段のものだし、何より愛着がある分さらに
息子の熱心な姿が嬉しい今日この頃です。
[PR]
by michirumi | 2007-10-03 07:21 | こどもたち
風邪とミルクアレルギー
『ちょっとは薬飲んだら?その間はミルクにすればいいじゃん』
私の咳があまりに酷いので、家人が言った。
まぁずるずる治らないままなのもねぇと思い、
とりあえず義母からもらった咳止めを服用。
しばらくして娘がグズり出したので義母がミルクをあげてくれた。

数分後。

ぐだぐだ寝ていた私の所へ義母が慌ててやってきた。

『なんかまた吐いちゃって苦しそうなんだけど』
娘は以前、夜中に母乳を飲みすぎて嘔吐し、その吐瀉物が一時的に鼻かどこかに
つまってしまったようでぎゃあぎゃあ泣いたことがあった。
その泣き方が尋常でなかったので、義父に車を出して貰い、丁度終電で帰宅した家人と
真夜中の救急に駆け込んだことがあったのだ。
でも結局、病院に着いた頃にはすっかり落ち着いてしまい、なんで来たの?というほど
すやすや眠ってたんだけどね…。

(あのときと一緒ですぐ落ち着くと思うけどなあ…)
風邪っぴきの頭でのろのろ階段を降りてゆき、娘の顔を見て驚いた。

唇の周囲には大きな赤い爛れがあり、目のまわりがキレイに赤く腫れている。

…これって明らかなアレルギー反応…
一目瞭然じゃん!

でも、その割には泣き方がさほどでもなかった。
どうしよう?もう少し様子を見てみる?
考えながら念のためお腹を見てみると。

病院行き決定。
赤い発疹が見事だった。

私の風邪がこれ以上悪化しちゃまずいよってことで、義母が家人とともに
救急外来へ娘を連れて行ってくれた。

『レントゲンも撮ったし、気管を通す処置っていうのかな?
喘息とかならないようにって対応してもらったし、腫れもすっかりひいたけど
念のためあと1時間ちょっと様子見てそれからまた診断して貰うことになったよ。
帰れるようになったら電話するから』

なんのかんのと娘たちが帰宅したのは夜7時前。
家を出たのは3時くらいだっただろうから、3時間以上かかったということになる。

そして翌日。念のためもう一度同じ病院で受診。
『やっぱり原因はミルク以外考えられませんねぇ』
柔らかな印象の男性医師がにこやかに言った。
『でもね、正直お嬢さんの場合はまったく心配要りません。
このくらいの症状というのは、実際よくあることなんです。
これまで通り完全母乳で育てられればいいだけですし、一歳になる頃には
たぶんまず問題なくミルクも飲めるようになるでしょう。
一歳までというのは体質がめまぐるしく変わるものなんです。
ですから、以前大丈夫だったミルクが突然ダメになったりすることも
珍しくないんですよ。
お母さんが食事制限をしなければいけなくなるような、母乳への影響までを
考慮しなければならないアレルギーでしたらもっとずっと前にわかりますし、
発疹や肌の状態が全く違います』

あ〜良かった…とはいえ、
来春からフルタイムで働いちゃおうかしら、娘はおっぱいじゃなくても
だいじょうぶそうだし〜(息子は母乳以外がんとして飲みませんでした)
なんて考えがちょっと危うくなってきたのはあるんだけれど。
先生曰く、『まぁ母乳のみが望ましいとは思いますが、豆乳ベースのものを
もう少ししたら試されてみてもいいですよ』とのことだったけれど。

ふたりめは本当に手がかからない、というのは噂通りで
娘は本当に手がかからない。
息子も正直今はすげー暴れん坊になってるけれど、赤ちゃんとしては
非常に育てやすいほうだったと思う。よく飲んでよく寝てよく笑ってたから。
夜泣きもほとんど記憶がないし。娘の妊娠中にちょっと荒れたくらい。
でも、それ以上に娘は静かで落ち着いている。女の子だから余計じゃない?と
義母は言うけれど、生後二ヶ月で夜中の授乳がほとんどないってスゴイと思う。
いつ反動が来るのかな…(笑)。

そんな娘の小さなシグナルのような気がする、このアレルギー。
『おかあちゃん、わたしふつうにおかあちゃんがひつようなの』
そんなふうに言われているような気が、しないでもない。

とりあえず、この風邪を治さなきゃな〜。。。。
[PR]
by michirumi | 2007-10-02 22:35 | こどもたち



Mobileme使ってるしWordPressも別に管理してるんですが。
by michirumi
カテゴリ
こどもたち
かぞく
料理のいっぽ
Mac
Photoshop
illustrator
はじめまして
携帯から
etc
以前の記事
2009年 02月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 07月
お気に入りブログ
flower and w...
エコ猫な人々
あっこのおれおれ主義
カラメル堂
about ・ぶん
ありがとうございました。
母ちゃんちのご飯
liliaの 瞬間湯沸かし記
Links
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧